神戸の不動産コンサルタント

の売却査定

条件を入力して、簡易査定ボタンをクリックして頂くと簡易査定結果が表示されます。

専有面積
階数
角部屋
周辺のマンション相場を地図から探す

の過去の成約事例

の成約事例件数は 414件です。

ログインしていただくと、マンションの過去の成約事例が閲覧できます。

メンバー登録、パスワードを忘れた方は下記をクリックしてください。 メンバー登録はこちら

の売却益シュミレーション

売買契約が完了した後に費用を把握するのではなく、事前にどのような費用がいくらくらいかかるかを知っておくことが重要です。

下記を入力後、計算していただくことで売却後の手残り金額が算出できます。

売却価格
残債
仲介手数料
印紙税
司法書士
その他

仲介手数料

不動産会社が受け取る仲介手数料には、宅地建物取引業法により定められた上限額があります。

したがって、不動産会社が上限額を超える仲介手数料を請求した場合は法令違反となります。

しかし、法令で定められているのはあくまでも上限額で、下限額については設定されていませんので、上限額以内であれば不動産会社が自由に決めることができます。

不動産取引の際の、不動産会社に対する仲介手数料は下記のように定められています。

仲介手数料の上限額
取引物件価格(税抜)仲介手数料の上限
400万円超取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税
200万円超~400万円以下取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
200万円以下取引物件価格(税抜)×5%+消費税

印紙税の軽減措置

軽減措置の対象となる契約書は、不動産の譲渡に関する契約書のうち、記載金額が10万円を超えるもので、平成26年4月1日から令和4年3月31日までの間に作成されるものになります。

不動産売買契約書の印紙税の軽減措置
契約金額本則税率軽減税率
10万円を超え 50万円以下のもの400円200円
50万円を超え 100万円以下のもの1千円500円
100万円を超え 500万円以下のもの2千円1千円
500万円を超え1千万円以下のもの1万円5千円
1千万円を超え5千万円以下のもの2万円1万円
5千万円を超え 1億円以下のもの6万円3万円
1億円を超え 5億円以下のもの10万円6万円
5億円を超え 10億円以下のもの20万円16万円
10億円を超え 50億円以下のもの40万円32万円
50億円を超えるもの60万円48万円

司法書士

抵当権抹消の登録免許税や、司法書士に支払う報酬が必要です。

その他

リフォーム費用や引越費用等があれば考慮して計算してください。

の物件概要

マンション名
住所
建築年月
構造
総戸数
管理会社
施工会社

画像クリックで拡大できます。

査定資料請求訪問査定
査定資料請求訪問査定